月刊OLN 2020年3月号

オルンショップ入り口の葉桜。

みなさんこんにちは!
いかがお過ごしですか?

日々状況が深刻になっていくコロナウィルスの流行は人口密度の少ないこの町にも影響が出てきました。当初は「満員電車とは無縁の生活で良かった」と思っていましたが、桐生にもトイレットペーパー買いだめ族が現れるし、長男の通う小学校でも休校が決まりました。長男くん、大変よろこんでおります。

「KOUGEI NOW 2020 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”」

そんななか、京都での展示会「ダイアローグ」に行ってきました。
関東ではあまり聞き馴染みのない展示会かもしれませんが特徴はこんな感じです。
・京都を中心に伝統工芸系のプロダクトが中心。
・広いワンフロアの会場ではなく、カンラホテルという洗練された和モダンの客室がそれぞれのブースになっている。
・初日~2日目の17時までは招待客やバイヤーのための商談会。
・2日目の17時~20時と3日目の終日がマーケットデイといって一般の消費者が1000円の入場券(そのうち500円はお買物券)を払えばだれでも会場に入ってお買い物をすることができる。
※ところが今回はコロナの影響でバイヤーズデイのみに短縮!

“月刊OLN 2020年3月号” の続きを読む